きっと罠にはめたつもりでいるのだろう。
この瞬間の為だけに、みんなに取り入り、信頼を得てきたのだから。
でも、俺たちは誰一人として、あいつを信じてはいなかった。
あいつ本人だけが、みんなの信頼を得られたと信じていただけ。