夢の中で僕は、見たことのないゲームをまさに夢中でプレイしていた。
でも途中で目が覚めてしまったから、エンディングは分からずじまいだった。
僕はどうしてもそれが知りたくて、ゲームを開発する仕事に携わった。
今の僕はまさしく夢を追いかけている状態と言えるだろう。