感動の再会だなんて、そんなドラマチックなものじゃない。
お互い、必死に相手を探し回って、心身共にボロボロだった。
そんな状態での再会なんだから、キレイさなんてかけらもなかった。
それでも私たちにとっては、今日が人生最良の日なのだ。