「この手紙をあなたが読んでいる時、私はもうこの世にいないでしょう」
そんな一文から始まる手紙を、友人に託した。
一応死を覚悟して書いたものだったのに、友人はその場で開けてしまった。
どうしよう……一刻も早く死地に赴かないと、何か恥ずかしい。