知りたいという欲求が後から後から止めどなく溢れていく。
たぶん、それだけ愛が深いってことなんだと思う。
僕が彼女のことをもっと知りたいと思うのもきっと同じだ。
彼女のことをもっと好きになりたいからこその欲求なのだろう。