私はこれまでに何人もの弟子を取り、自分の全てを教えて来た。
でも結局は自己満足でしかなかったのかもしれない。
彼らを一流に育て上げることを考えてやっていたつもりだったけど。
私自身が彼らを鍛えたという実感が欲しかっただけなのかもしれない。