僕たちのこの十年間は、このたった一回のためにあった。
この一回で伝説を作るために全てをなげうって準備してきたのだ。
それがこうもあっさり失敗してしまうとは。
仕方ないのでもう十年かけて次のチャンスを掴みに行こう。