研究を続けるのは楽しい。
四六時中没頭していても全く苦にならない。
ただ一点だけ不満があるとするならば。
この研究が、研究費をもらうためにやっている点だ。