青年の目の前で、その見知らぬ美女はおもむろに服を脱ぎ始めた。
しかし、一糸まとわぬ妖艶な体を見せても、青年は微動だにしなかった。
別に、女性に興味がないわけでも、同性愛者というわけでもない。
ただ彼は、目が見えないだけなのだ。