時間を気にしない人生というのも、悪くないものだ。
身の回りから時計の類を一切なくせば、容易に実現できる。
ただ、実生活の中で全く時計と縁を切るのは難しい。
だから私は、文明の存在しないこの島に移り住んだ。