日本では古来より、全ての物に魂が宿るという考え方がある。
生きているものもそうでないものも、みな魂があるということだ。
だからこそ私は、この世に存在する全てのものを破壊する。
我々死神の仕事は、死を司り魂を奪うことだから。