人間一度は透明人間になりたいと思うものだが、いざなってみると実に不便だ。
例えば人の多いところを歩くと、しょっちゅう誰かにぶつかられる。
でも彼らに僕は見えてないから、別の人とぶつかったと判断してしまうのだ。
結果、僕の周りではやたらと、因縁のつけ合いからの喧嘩が絶えない。