孤独な戦いの中で見つけた、たった一つの小さな友情。
ただしそいつは、俺とは敵対する存在だった。
戦いを終わらせるには、あいつを倒さなければならない。
友情の温かみに気づいてしまった今の俺に、それができるだろうか。