日本語には、うなぎ文とかこんにゃく文と呼ばれるものがある。
ようは言葉の一部を省いても、意味が通じるみたいなことだ。
普通に考えたら、言葉足らずの一言で片付けられてしまう。
でも我々はよく、多くを言わなくても通じることを望んでいる。