運命の日が明日に迫った。
勝っても負けても、明日を境に自分の人生は大きく変わる。
願わくば、勝って自分の人生を変えたいものだ。
この日のために、これまでの人生はあったのだから。