彼は、自分一人では何もできないことを強く自覚している。
それなのに、他人に頼らず自分一人でやりがたる。
彼は、他人への頼り方というものが、分かっていないのだ。
ゆえに、それを克服する方法も、他人から教われないでいる。