草原の真ん中に立っていると、全てがどうでもよく思えてくる。
目まぐるしい日常、立ち止まれない世の中、醜い争いや奪い合い。
もちろん、僕自身という存在さえも。
このまま、全てが止まってしまえば良いのに。