独創的っていうのは、集団組織においては不利な面もあるようだ。
自分なりにアイデアを出してはみるものの、周りの期待に沿うことができない。
だから私は、組織にいる間は、なるべく意見を出さないようにしている。
独創的になるのは、自分の世界に入ったときだけで十分なのだ。