彼という人間を表す時、この二つの言葉さえあれば十分だ。
すなわち、独断と偏見。
世の中全てを、自らの尺度で判断し、決めつける。
彼が英雄にでもなれば、個性が独創性として受け入れられるのだろうが。