トンネルを抜けても、その先は代わり映えのない世界だった。
虹の橋の向こうへは、行くことができなかった。
ホワイトホールは、あるかどうかすら怪しい代物。
僕にとって、世界は退屈過ぎる。