私の中には、複数の人格が共存している。
状況に応じて、その場に最適な人格が顔を出すのだ。
ただ、どの人格にも務まらない場面が、一つだけある。
私のあらゆる人格は、異性に対する耐性がない。