どれだけじかんがたっても、ちがとまらない。
どんなにあがいても、ちをとめることができない。
このままおわりをむかえるんだろうなと、なんとなくさとった。
でもそのまえに、あいてがんのつくことばをいったので、たすかった。