好きの反対は嫌いか、それとも無関心か。
僕は、そのどちらでもないと考える。
嫌いだろうと無関心だろうと、特定の何かに向けた感情には変わりない。
だから、真の反対は、そもそも対象がない状態を指すのではないだろうか。