誰も悪くないのに、現状が芳しくない。
決して珍しい話ではない。
誰も責められないなら、自分を責めるしかないだろう。
もっとも、それで気が済むのであれば、だが。