自分の目で見たものだけを、真実として受け入れる。
余計な情報に惑わされず、真理はいつも自分の中にあると信じる。
それを可能にするために、私は俗世を捨てて山にこもった。
結果、惑わされるどころか、そもそも情報が入ってこなくなった。