僕は毎年、夏になると生き残りを賭けた死闘を繰り広げている。
ハエも蚊も、とにかく僕の睡眠を邪魔してきやがるのだ。
一匹でも見つけようものなら、直ちに殲滅作戦を開始している。
しかし今年からは、床を這う黒虫とも戦う羽目になった。