彼は忠実な部下だったが、正義感が強かったわけではない。
あるいは、正義感を押し殺してでも、従順であるべきと思っていたのか。
いずれにしろ、彼は私の命令であれば、どんなことでも実行した。
たとえ法に反しようと、神道や倫理に背こうとも、一切抵抗せずに。