最初は、ただの一ファンに過ぎなかった。
テレビやラジオを通じて、その人を感じられるだけで良かった。
でも段々と、その人と一緒にいるところを妄想せずにはいられなくなった。
その内に私は、自分を抑えきれなくなってしまうかもしれない。