良い作品に出会うと、頭から離れなくなる。
何をしていても、作品の内容が常にリフレインする。
僕にとって感動的な作品は、毒のようなものなのだろう。
毒が抜けないと、体が自由に動いてくれない。