彼らはたった百人足らずで、十万の軍勢を退けた。
今でもその伝説は語り草となっている。
だが、少人数で大軍を退けたこと自体が語られているわけではない。
あらゆる卑怯な手を使ったことが、揶揄に近い形で語られているのだ。