時の風に運ばれて、僕たちは飛び続ける。
時には強風が吹くし、舵が効かないこともある。
それでも僕たちは、飛び続けなければならない。
一度羽を休めてしまったら、二度と飛び立つことはできないから。