彼女は亡くなる前に、一粒の種を残していた。
それは誰の目にも触れることなく、ひっそりと成長を続けた。
やがて大輪の花が咲き、初めて人前に姿を現した。
あまりの美しさに、誰も彼女を直視することができなかった。