あいつにとっては、知識欲が何よりも優先されるらしい。
知識欲が満たされるなら、命すら惜しくないような面も見える。
彼はこれまでの人生で、何度となく大怪我をしている。
それが全て知識の探求の為だというのだから、末恐ろしい。