彼女は休むことなく、ずっと光を照らし続けた。
道行く人が迷わないように、道を見失わないように。
でも本当は、旅人たちのために照らし続けていたわけではない。
いずれここを通るであろう人を見過ごさないために、照らしているのだ。