もはや誰にも追いつくことなどできやしない。
彼の前にも、彼の後ろにも、誰の姿も見えない。
誰にも真似できない、完全無欠のオリジナリティ。
そんな領域に、彼は辿り着いてしまった。