奴らの中を引き裂くのに、難しい策など必要ない。
美人の一人でもあてがえば、たちまち仲は崩壊するだろう。
そう思って美女を送り込んだのに、上手く行かなかった。
美女の一人や二人、奴らにとっては朝食のパン程度の存在だったようだ。