今回ほど、自分がバカで鈍感だと思い知らされたことはない。
一世一代のチャンスが、目の前に転がってきていたというのに。
間違いなく彼女は、僕に好意を持っていてくれたはずなのに。
それに気づかず、彼女からのサインを受け流してしまっていた。