話した内容がちゃんと伝わっているかどうか不安になることがある。
そんなときは、相手に質問を求めてみれば良い。
もし何も質問がなかったら、伝わっていないと判断するべきだ。
難しい話ほど、何かしら質問があるのが当たり前なのだから。