最初は、間違いなく向こうが悪者だった。
だから僕は怒りに任せて、散々に彼を責め立てようと思ったのだ。
それがいつの間にか、こっちが悪者扱いされている。
歴史の勝者たちって、案外みんな口喧嘩で勝ってきたんじゃないだろうか。