彼は、面倒ごとを断る為になら、どんな嘘だって平気でつく。
家族や親戚の葬式なんて、もう何度行われたか分からない。
僕はそんな風に、彼を嘘つき男だと思っていたのだけど。
後々、彼は一切嘘なんてついていなかったことを知った。