僕は時間を止めたかった。
天才は、時間の流れに対して不変な性質を持っているから。
流れの止まった時間の中にいることで、僕も天才になりたかった。
まあ、本当に時間を止められたら、その時点で天才になれたと思うけど。