一足遅かった。
もう五分早く到着していれば、助けられたかもしれないのに。
でも、その五分を作る為には、歴史をどんどん遡らなければならない。
つまるところ、僕がもう五分早く生まれていなければならなかったわけだ。