ここでは、誰も彼もが他人に無関心だ。
だから自分の身は、自分で守らなければならない。
とはいえ、そんなに難しいことではない。
他人に関心がないから、誰も他人を危険な目に遭わせようともしない。