「一度でも俺に勝ったら認めてやるよ。何度でもチャンスをやる」
たった一度勝つだけで良いのに、あいつはその一度を譲ってくれなかった。
結局、一度も勝てないまま、あいつは先に逝ってしまった。
まあいずれ、僕も向こうに行ったあかつきには、また挑んでやるさ。