「今日、これからお前にドッキリ仕掛けるから、よろしくな」
普通、こういうのは最後まで隠しておくものじゃないだろうか。
いつ仕掛けが来るのかと、僕は常に緊張しながら待っていた。
でも夜寝る時間になるまで、とうとう何一つ起こらなかった。