趣味が読書と言えたら、オシャレだなと思っていた。
当時の僕は、読書ってのが本を読むことだと、分かっていなかった。
字面から、読むと書くの両方を備えているものだと思っていた。
だから僕は、本を読み、本を書く、その両方をずっと続けていたのだ。