どっちでも良いよと言われるのが、一番困るらしい。
でも僕は、心の底から本当に、どっちでも良いと思っているのだ。
どちらを選んでも、結果に大差ないことを知っているから。
だから僕は、選択権を持たないようにしているのだ。