どんなところにだって、ドラマは存在する。
ただ、僕たちがそれを何の気なしに見過ごしているだけなのだ。
それはたぶん、チャンスを似たようなものなのだろう。
だから僕は、チャンスもドラマも、常にそこにあることを意識している。