この流れは、本来の流れではない。
でも流れが変わることなんて、よくある。
だからこのまま、この流れに身を任せることにしよう。
たとえ濁流であろうとも、流れに乗ることはできるのだ。