もう助からないことは、自分が一番よく分かっていた。
だから最後に、ダイイングメッセージを残すことにした。
もちろん、犯人の名前を残すわけではない。
死んだら僕の遺体をどこに埋葬してほしいか、それを残しておくのだ。